画像:聖火リレーイメージ写真

CONNECTING
WITH HOPE

ひとりひとりの、希望の光をつなぐ

東京2020オリンピック聖火リレー
プレゼンティングパートナーに決定

NTTは、人と人との“つなぐ”を支えてきた企業として、聖火がもたらす希望の光をつなぎ、日本中の多くの人々にその希望を届けることで、東京2020オリンピック聖火リレーの成功に寄与してまいります。

日本電信電話株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:澤田純、以下NTT)は、公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会との間で、オリンピック聖火リレーのスポンサープログラムの最高位である「東京2020オリンピック聖火リレープレゼンティングパートナーシップ契約」を締結しました。

契約の対象となるグループ会社は、以下の通りです。

  • ・日本電信電話株式会社(NTT)
  • ・東日本電信電話株式会社(NTT東日本)
  • ・西日本電信電話株式会社(NTT西日本)
  • ・エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社(NTTコミュニケーションズ)
  • ・株式会社NTTドコモ(NTTドコモ)

NTTは、人と人との“つなぐ”を支えてきた企業として、東京2020オリンピック聖火リレーのコンセプト「Hope Lights Our Way / 希望の道を、つなごう。」に賛同し、聖火がもたらす希望の光をつなぎ、日本中の多くの人々にその希望を届けることで、東京2020オリンピック聖火リレーの成功に寄与してまいります。

森 喜朗 東京2020組織委員会会長コメント

このたび、NTTを東京2020オリンピック聖火リレーのプレゼンティングパートナーとしてお迎えできることとなりました。東京2020オリンピック聖火リレーは、121日にわたり日本中を駆け巡り、人々に希望の光の象徴である聖火をつないでいきます。日本全国に広がる強いネットワークと通信サービスを介して人々の心をつないでこられたNTTとともに、安全で安心なリレー運営の実現をめざし、日本中の多くの皆さまに聖火の希望の道をつなげてまいります。

澤田 純 NTT代表取締役社長コメント

NTTは、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会のゴールドパートナー(通信サービス)として、大会の成功に向けて取り組んでおりますが、この度、東京2020オリンピック聖火リレープレゼンティングパートナー契約を締結しました。東京2020オリンピック聖火リレーにおいても、最先端の通信サービスを活用し、史上最もイノベ―ティブな聖火リレーの実現に貢献してまいります。また、地域に根差したバリューパートナーとして、全国47都道府県の地域が盛り上がる、多くの皆様が参加できる機会を創出し、東京2020オリンピック聖火リレーの成功に向け取り組んでまいります。