R&D TECHNOLOGIES

世界を変えるNTTの最先端通信テクノロジー

通信技術「CUzo」が生み出す新しいコミュニケーション 夢が現実に。SFのようなテクノロジーが東京2020を支える

R&D TECHNOLOGIES通信技術「CUzo」が生み出す新しいコミュニケーション夢が現実に。SFのようなテクノロジーが東京2020を支える

中田崇志
「CUzo」は、あらゆる壁を超えて寄り添ってくれる“伴走者”

透明のディスプレイを対象物にかざすだけで、データや情報が瞬時に表示される―。
そんなSFやアニメに登場するような未来を現実にしたのが、NTTの機能分散通信技術「CUzo」*1 。その肝は、機器本体に搭載されていた機能をネットワーク上に置くことで、端末を飛躍的にシンプルにできることにあります。「CUzo」に準拠した小型の透明ディスプレイを使うことで、周囲の事物の情報が得られたり、異言語でのコミュニケーションも可能になります。

TECHNOLOGIES

斬新だけど自然、ハイテクなのにやさしい「CUzo」が描くのは、コミュニケーションの未来。

東京 2020オリンピック・パラリンピック競技大会を通信サービスで支えるのもNTTのミッションのひとつ。そこで活用されるのが、音声認識や画像認識といった機能をネットワーク上に配置できる技術「CUzo」です。といっても無機質さや難解さはありません。たとえば知りたい施設情報や会話の翻訳を、コンパクトな透明ディスプレイに瞬時に表示させるといった、見るだけで来場者をワクワクさせられる会場案内も、「CUzo」によって可能になります。この最先端の通信技術が描くのは、大人から子ども、また言語の壁をも超えた、あらゆる人々との新しいコミュニケーションの形です。

革新的で軽やかな、新しいコミュニケーションの形

「CUzo」とは、これまで機器の本体に内蔵されていたさまざまな機能をネットワーク上に配置し、それらを通信によって連携させることができる「機能分散通信技術」のこと。これにより端末側をシンプルかつコンパクトにできるほか、機能の拡張も簡単に可能になります。NTTでは、この最先端通信テクノロジーに準拠した小型の透明ディスプレイをご用意しオリンピックスタジアム、国立代々木競技場、江ノ島ヨットハーバーの3会場において、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の運営をサポートします。

※「CUzo」説明資料より
「CUzo」説明資料ページへのリンクhttps://www.ntt.co.jp/event/2018/pdf/ceatec18/12_future-tech_ntt.pdf

ディスプレイをかざすだけであらゆる情報にアクセス

「CUzo」の通信技術に準拠した透明ディスプレイによって、AR(拡張現実)や3D表示による情報案内システムが実現しました。風景やランドマークを透かしながら透明ディスプレイに文字を表示できるので、たとえば会場内のトイレや売店、医務室などの施設情報は、ディスプレイの簡単な操作でわかりやすく表示されます。さらに透明ディスプレイに表示された情報越しに実際の風景を透かして見ることができるので、目的地へのルートもその風景の上にARで表示が可能。これにより、出入り口などを見つけたときも空間にかざすだけ。手元のマップと実際の景色を見比べるような煩わしさもなく、より直感的に目的地やロケーション情報の場所にアクセスできます。

透明ディスプレイ越しに、外国の方とも自然に会話

「CUzo」はネットワーク上に配置したあらゆる機能と通信で連携しており、翻訳機能もそのひとつ。実際に透明のディスプレイをかざして相手と会話をすることで、こちらの話した内容を相手側に、相手の話した内容をこちら側に、それぞれ翻訳して表示させることが可能になります。また透明なディスプレイが、相手の表情やジェスチャーを見ながらの自然なコミュニケーションを実現させます。

INTERVIEW

「CUzo」は、あらゆる壁を超えて寄り添ってくれる“伴走者”

中田崇志 選手
中田崇志

中学時代に陸上競技を始める。大学時代には日本インカレで7位に入る。大学卒業後、NTTデータに勤務しながら、陸上競技を続け、2003年に伴走に取り組む。翌年の2004年に高橋勇市選手と共にアテネ2004パラリンピックに出場し、マラソンにて優勝。その後も伴走を続け、ロンドン2012パラリンピックでは、和田伸也選手と共に出場し、長距離立位初となるメダル(3位)を獲得。現在、東京2020パラリンピック、パリ2024パラリンピックに向けて、パラトライアスロンのガイドとして高橋勇市選手とともに活動している。※2021年7月時点

視覚障がいを持つランナーと1本のロープとともに並走し、より安全に、より速く、共にゴールをめざす伴走者 中田崇志さんは、過去3回のパラリンピックに伴走者として出場。2つのメダルを獲得した“ランナーを支える”プロフェッショナルです。そんな中田さんに、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会を支える「CUzo」への期待と可能性について、伴走者ならではの視点で語っていただきました。

結果のために必要なことはすべてやりたいし、やってあげたい
―中田さんはマラソンとトラック競技で伴走者としてパラリンピックに出場された後、現在はパラトライアスロンのガイドとしてもご活躍ですが、視覚障がいを持つ選手を支えることになったきっかけを教えてください。

中田 中学時代に陸上競技をはじめて、高校、大学、社会人と競技を続けてきましたが、「伴走」と出会ったのは2003年のことです。翌年のアテネ2004パラリンピックを目指されていた全盲のマラソンランナーである高橋勇市選手が、陸上競技雑誌に「伴走者募集」の投稿をされていたのをたまたま見たのです。それを最初に読んだとき、「全力を出し切るためには選手よりも走力がある伴走者が必要」ということに改めて気づかされて、「選手が本番で100%発揮するための力になりたい」という気持ちですぐに高橋選手に連絡を取り、それをきっかけに伴走に取り組むことになりました。

―伴走するときは、具体的にどんな声を選手にかけているんですか?

中田 声かけの内容には大きく分けて2種類あります。ひとつは選手に安全に気持ちよく走ってもらうためのもの。「あと30mで右に90度。20m、10m……はい曲がります!」といった感じで、走るルートを具体的に伝えています。もうひとつは戦術的なことですね。「今、ケニアの選手が20m前にいるよ」「右後ろにロシアの選手がいる。でも表情は辛そうだよ」ということを伝えながら、周囲の選手との位置関係や戦況を把握してもらっています。あと戦術的な声かけの中には、「がんばれ」といった選手を鼓舞するメッセージも含まれますね。選手個々の性格やレース状況に合わせて、内容や声のトーン、言葉遣いなどを変えたり、選手も疲労がたまると集中力が下がってきてしまうので、耳に入りやすいハキハキとした話し方を心がけています。

―伴走しているとき以外にも、選手のサポートをするようなことはあるんですか?

中田 食事の面のサポートは大切にしています。とりわけ海外遠征の際には、宿舎の近くで事前に食料品が手に入るお店を探しておきます。あとたとえばリオ2016パラリンピックのときは、宿泊する部屋に浴槽がないことを事前に知っていたので、日本からビニールプールを持って行って使ってもらったりもしました。でもこうしたサポートは、自分が伴走者だからとか、相手が障がい者で不自由だからといった理由でやっているわけではないのです。私自身も選手だという感覚で競技に臨んでおり、少しでも良いパフォーマンスを発揮するために必要だと思うことは全部やるべきである、そういう気持ちで行っています。

―走る人と横で並走する人という関係性を超えた、より強いつながりやチームワークを感じます。

中田 そうですね。パラリンピックだと伴走者も「競技者」という扱いになっていて、選手といっしょにメダルも授与されます。やはり、伴走者にとって一番大事なことは選手との信頼関係。それをしっかり構築して結果を求めていくという点では、サッカーやバスケットボールのようなチームスポーツと同じだといっていいかもしれません。

障がい者と健常者が信頼しあって競技する姿を見て欲しい
―東京2020大会を機に、パラ陸上競技やパラトライアスロンをご覧になる方に向けて、中田さんなりの見どころや注目点を教えてください。

中田 各競技において、まずは選手のすごさを見て感じていただきたいです。それに加えて、陸上競技の伴走者や5人制サッカーのキーパー、パラトライアスロンなら種目が移るトランジットでウエアの着脱などをサポートするハンドラー、陸上競技の幅跳びなどで方向を声で指示するコーラー、水泳でターンをするときに頭を「ポン」とタッチしてあげるタッパーなど、障がいを持つ競技者を支えるあらゆる役割の人がいっしょに戦っています。障がい者と健常者が信頼しあって共に競技をしている姿は、バリアのない共生社会の縮図でもあると思います。パラリンピックでは、ぜひそうしたシーンに注目して欲しいです。

インタビューの続きを読むkeyboard_arrow_down
―音声認識や画像認識といった機能をネットワーク上に配置できる技術「CUzo」は、透明なディスプレイ越しに、選手や来場者をサポートすることが期待されています。実際にご覧になって、率直にどう思われましたか?

中田 まず、言葉や障がいといった、あらゆる壁を超えてくれそうだなと感じました。オリンピック・パラリンピックとの親和性が高そうな印象です。「対面翻訳」でいえば、先日スペインの大会に出場したときに英語がほとんど伝わらず、スマートフォンの翻訳アプリとにらめっこしながら会話していたんですが、こうしてお互いの顔を見ながら会話が進められるのはすごく魅力的ですよね。

―伴走者という役割と「CUzo」に共通点はありそうですか?

中田 はい。まさしくこの「CUzo」が、生活する中で自分に寄り添ってくれて、困っているシーンで上手に支えてくれる「伴走者」だなと思いました。実際に言葉の壁があったとしても、伴走者たる「CUzo」が自分と相手との間を直接つないでくれて、分からないことや知らない情報も手元で教えてくれるわけですから。誰でも安心して一人で出かけられるような、そんな社会を生み出す可能性を感じました。

―「CUzo」自体もさらに進化できる可能性があるということですね。それでは最後に、中田さん個人の目標と、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会をご覧になる方にメッセージをお願いします。

中田 私個人は、今後もひとりでも多くの障がい者スポーツをやられている方の支えになりたいなと思っています。実はコロナ禍ということもあって、選手が練習や大会のために伴走者を見つけることも大変なんです。だから必要とされているときにお手伝いができるように、常に自分を磨き続けておきたいですね。先ほど障がい者スポーツを支えるさまざまな役割についてお話しましたが、みなさんにも得意分野がきっとあると思うので、それらを共に発揮してお互いを支えあえる世の中にしたいです。
私の場合はスポーツを通じて貢献するつもりですし、もちろん「CUzo」のような新しい技術もその一端を担ってくれるはずです。ちょっと大げさになってしまったかもしれませんが、ひとことでいえば「みんなで頑張ろう!」というのが、私からのメッセージになりますかね(笑)。

あらゆる機能はネットワーク上に。高まる日常への期待感。

この先「CUzo」によって、機器そのものがアプリケーションや処理機能を内蔵する必要はなくなるかもしれません。近い将来、私たちが今当たり前に使っている端末もさらに小さく軽く形を変えていき、ますますスピーディーで高機能になっていくことが期待されます。
NTTは、誰もが自然に利用できるユーザインタフェースを実現する通信技術の研究開発にこれからも取り組み、スポーツ・観光・エンターテインメントなどを最先端通信テクノロジーで新たな未来を彩る価値創造にチャレンジしてまいります。

パラトライアスロンのルールや見どころ

出典元:東京2020組織委員会HP
パラトライアスロン競技説明ページへのリンクhttps://olympics.com/tokyo-2020/ja/paralympics/sports/triathlon/

競技概要
1人で3つの種目(スイム、バイク、ラン)を連続して行い、その合計タイムで競うトライアスロン。パラリンピックでは、リオデジャネイロ2016大会から正式競技となっている。レースの距離はオリンピックのちょうど半分となる「スプリント・ディスタンス」で、スイム(750メートル)、バイク(20キロメートル)、ラン(5キロメートル)の計25.75キロメートル。レースは男女別、クラス別に行われる。

障がいの内容や程度により6クラスに分かれ、クラスごとに競技方法が一部異なる。座位クラス(PTWC)は、バイクはハンドサイクルを使い、ランでは競技用車いすを使う。立位クラス(PTS2~5)はバイク、ランでは障がいに応じて義足など補装具を使用でき、バイクの改造なども認められる。視覚障がいクラス(PTVI)は、競技全体を通して同性のガイド1名と競技を行う。スイムからバイクへ、バイクからランへと種目を移行する過程の「トランジション」にも注目したい。

OTHER R&D TECHNOLOGIES