POWER OF INNOVATION

世界を変えるNTTの最先端テクノロジー

未来を変える最先端技術

圧倒的“臨場感”を実現する「Kirari!」

画像:ドコモが提案するプロジェクト「FUTURE-EXPERIMENT.JP」の第1弾として、人気テクノポップユニット「Perfume」とのコラボレーションを実施。

目まぐるしいまでの進化を続ける映像技術の世界。2020年には、「4K/8K」技術による超高精細な映像コンテンツを、誰もが当たり前のように楽しむことのできる時代がやってきます。さらに、美しい映像を平面的なディスプレイに映し出すだけに留まらず、スポーツ会場特有の“臨場感”まで再現する技術もまた、同時に急速な進化を遂げています。

「Kirari!」が再現するかつてない“超高臨場感”

NTTが2015年から開発を進めている「Kirari!」は、遠隔地にネットワークを介して、リアルタイムに競技空間やライブ空間を「丸ごと」伝送、再現をめざす超高臨場感通信技術。NTT独自となる3つの最新技術を中心とした組み合わせにより、遠隔地の空間情報を高臨場に伝送することが可能となっています。

背景がブルー・グリーンなどの単一色スクリーンを用いたクロマキー撮影ではないような状況でも、動いている選手だけをリアルタイムで切り出すことが可能な「任意背景リアルタイム被写体抽出技術」、複数台の4Kカメラで競技場全体を分割して撮影し、リアルタイムにつなぎ合わせ、高精細なワイド映像を作成する「サラウンド映像合成技術」、さまざまな映像&音声技術を同期させる高臨場感メディア同期技術「Advanced MMT」。「Advanced MMT」では映像・音声のみならず、照明などの空間情報までも伝送・同期し、中継先会場の広さや設備に合わせたよりリアルな臨場感を作りだしています。

超高臨場感を世界の人々へ Kirari!とは

Kirari! 臨場感のある観戦体験を

離れた場所で行われているスポーツ競技やエンターテインメント公演などが、その競技空間も雰囲気も含め、まるごとリアルタイムに世界中のどこにいても体感できる。そんな世界の実現に向けた研究開発が加速しています。

1万kmの距離を超える通信技術

「Kirari!」は、トライアルや社会実験段階においても強烈なインパクトを世間に与えてきました。2017年11月には、ドコモが提案するプロジェクト「FUTURE-EXPERIMENT.JP」の第1弾として、人気テクノポップユニット「Perfume」とのコラボレーションを実施。ニューヨーク、ロンドン、東京の3都市の別々のステージにて展開された3人のメンバーのパフォーマンスをタイムラグなく同期させ、全世界へ生中継しました。

大容量・低遅延という特徴を持つドコモの5Gに「Kirari!」を組み合わせ、3人の音声や映像を同期させることで、まるで同じ場所にいるかのようにシンクロして踊る姿をインターネットで全世界に生中継。Perfumeの3人の一糸乱れぬパフォーマンスと5G回線や「Kirari!」の中核となる映像・音声の同期技術「Advanced MMT」により、映像や音声の遅延をいかに少なくできるかを証明しました。2020年以降体験できる、全く新しい映像体験を提案するコンテンツを全世界に、インターネットを介したストリーミング生中継で配信できるという大きな可能性を示唆しました。

【docomo×Perfume】 FUTURE-EXPERIMENT VOL.01 距離をなくせ。 BEHIND THE SCENE
NTTドコモ FUTURE-EXPERIMENT VOL.01 別ウィンドウで開きます

多視点スイッチング技術で未来のスポーツ観戦が変わる

FUTURE-EXPERIMENT第2弾は、リオ2016パラリンピック車いすフェンシング金メダリストのベアトリーチェ・マリア・ヴィオ選手と、2008北京オリンピックで銀メダルを獲得した太田雄貴さんによるエキシビションマッチの中継を実施。9台のカメラによる多視点映像を、視聴者が自由に切り替えながらセレクトして観戦できる、スポーツ中継システム「多視点ライブビューイング」を披露しました。

このように、同時に多視点のカメラを用いて試合を観戦する試みは、フェンシング界はもちろん、スポーツ界でも大変珍しく、一瞬の動きで決着がつき、何が決定打になるのかなど、一般観戦者が肉眼で見ていても、なかなか判断することができないフェンシング観戦の新たな可能性を体現しました。

9台ものカメラの映像をリアルタイムで切り替えてフェンシングを観戦することを可能にしたのは、「Kirari!」の中核となる映像・音声の同期技術「Advanced MMT」によるもの。動きが速いスポーツにおいて、フレームレートを上げた状態で伝送速度を上げることでも、いかにクリアに見せることができるか。もっと楽しく観戦ができるかの挑戦を続けていくことで、2020年に向けて新たなスポーツ観戦スタイルを提案していきます。

FUTURE-EXPERIMENT VOL.02 docomo × 太田雄貴、ベアトリーチェ・マリア・ヴィオ 視点を拡張せよ
NTTドコモ FUTURE-EXPERIMENT VOL.02 別ウィンドウで開きます

パブリックビューイング進化系

2018年2月、最新の研究開発成果を紹介する「NTT R&Dフォーラム2018」において、「Kirari!」のデモンストレーションが公開されました。会場に設置された16m×5mの横長スクリーンに、フィギュアスケートの高橋大輔さんの姿を、複数の4Kカメラで撮影してつなぎ合わせた横12Kの高解像度映像を投射。サラウンド映像合成技術により、リンク全体を俯瞰する新しい映像視聴のカタチを提案しました。

さらにCGの効果を加え、光の帯をまとってスピンしたり、スケートリンク全体が突如ダンスホールに変化するなど、多彩な演出を加えつつ臨場感ある映像を楽しめるようにしました。あたかも高橋さんの演技を目の前で見ているかのような臨場感と迫力に会場内が興奮に包まれました。

Kirari! Demonstration 2018

臨場感を超えた観戦体験を

離れた場所で行われている空間を切り出し、リアルタイムで伝送・再構築するNTTの技術は、かつて体験したことのない臨場感を伴う未来のエンターテインメントの可能性を示唆。観戦者は、今までの映像体験で味わえる臨場感を遥かに超えた形で、あたかも目の前で競技が行われているような、まったく新しい観戦体験を提起することが可能となります。

2020年には、これらの技術がスポーツ観戦やエンターテインメントはもちろん、さらに幅広い分野における活用が期待されています。遠隔地で開催されているにもかかわらず、会場の選手、あるいは演者と観客が一体となり、感動をリアルタイムに共有できる。NTTはそんな世界を実現するために、これからも最先端技術の活用法を提案していきます。